2019年3月21日(木)

国営石油子会社がIPO 越政府に総額200億円
外資が33%購入

2018/1/26 23:00
保存
共有
印刷
その他

■ペトロベトナム(ベトナム国営石油最大手) 子会社のPVオイルが25日新規株式公開(IPO)し、33%を外資が購入した。売却予定株式の2.3倍の申し込みがあり、平均入札価格は基準価格の1.5倍と高止まりした。

発行済み株式総数の20%に当たる2億600万株をIPOした。購入申し込みは4億8300万株だった。1株当たりの平均入札価格は基準価格の1.5倍の2万196ドン(約101円)。越政府には総額で約1億8500万ドル(約200億円)が入った計算になる。

ペトロベトナムはベトナム最大級の国営企業(SOE)。今回のIPOで外資による購入が売却分の33%を占め、SOE改革への期待が高まっていることを裏付けた。2014年のベトナム航空のIPOの時は外資は全体の0.2%だった。

PVオイルはガソリンスタンド運営、石油製品販売の大手。今後、株式の4割強を外資の戦略的投資家に売却する。ベトナムはIPOが上場ではなく、戦略的投資家のノウハウを吸収して企業価値を高めたうえで上場する。

PVは18年1月に3子会社をIPOする。PVオイルのほか、すでに17日にビンソン製油・石油化学をIPOした。31日にはPVパワーを予定する。PVを巡っては元会長らが汚職で逮捕され、1月に判決が下された。イメージ払拭を狙って子会社のIPOを続けざまに実施していると見る向きもある。(ハノイ=富山篤)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報