/

生乳生産、18年度は0.5%減 農家の高齢化響く

牛乳や乳製品の生産者団体やメーカー団体で構成するJミルク(東京・中央)は26日、2018年度の生乳生産量が17年度比0.5%減の725万6000トンになるとの見通しを発表した。北海道は生産量の回復を見込むものの、農家の高齢化で他地域で減少が続くとみている。

北海道を除く都府県は高齢化や後継者不足が影響し、同2.9%減の327万9000トンと見込む。一方、北海道は同1.6%増の397万6000トンと予想。生産の主力となる2~4歳の乳用牛の頭数が増加する見込みで「頭数を増やす取り組みの成果が出始めている」(Jミルク)。

近年問題になっていたバター不足は輸入による確保に伴って、17年度に続き18年度も発生しない見込み。農林水産省は同日、18年度のバターの輸入枠を今年度と同量とすると発表した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン