/

この記事は会員限定です

店舗閉鎖「生活に支障」4割 人口減市町村、本紙調査

自治体や住民、サービス代替

[有料会員限定]

日本経済新聞は人口減少率が高い全国の市町村を対象に、直面する課題を探るアンケートを実施した。小売店などの撤退で生活に支障をきたしている地域を抱えた自治体が4割に上ることが判明、自治体主導で店舗やガソリンスタンドを設ける事例もあった。小規模集落を抱えたところも多く、住民の生活をどう支えるのか試行錯誤している。

調査は2017年10~11月、日経リサーチを通じて実施。15年の国勢調査の人口が10年に比...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン