2018年11月19日(月)

日本生命と金融庁、議決権行使の開示でにらみ合う
ガバナンスの掟

コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/1/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コーポレートガバナンス(企業統治)改革を投資家サイドから加速させようと、金融庁の強い後押しで2017年から大手機関投資家の議決権行使結果の個別開示が始まった。大手機関投資家の多くが従ったが、国内の生命保険最大手である日本生命保険は株価への影響などを理由に開示を見送っている。我が道を行く日本生命と金融庁の静かな対立はどのような結果を迎えるのだろうか。

■「後ろ向きとみられてもいいのか」

「ガバナンス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報