/

この記事は会員限定です

新日本、金融庁への報告終了 東芝問題受け業務改善

[有料会員限定]

東芝の会計不祥事をめぐり行政処分を受けた新日本監査法人が、26日までに金融庁への業務改善報告を終えた。新日本は監査品質の見直しに向け経営陣の刷新や会計士の退職勧奨に踏み込んできたが、なお顧客企業離れなど課題も多い。今回の業務改善報告の終了は、新日本再生の一里塚にすぎない。

金融庁は2015年12月、新日本に対する行政処分として3カ月の新規業務停止と21億円の課徴金を課した。同時に新日本に3カ月ご...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン