2019年6月19日(水)

ベトナム、サッカー快進撃に沸く 格差社会に時ならぬ一体感
薄れた共産主義精神、呼び覚ます?

2018/1/27 6:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ハノイ=富山篤】サッカーの23歳以下のアジア選手権でベトナムが初めて決勝に進出し、国民が歓喜に沸いている。23日の準決勝で勝利した夜はハノイ、ホーチミン市などで国旗を振りながらバイクで走り回る"暴走族"が明け方まで出没し、観光名所では群衆が道を封鎖した。普段は厳しい警察も今回ばかりは黙認。見知らぬ人同士が肩を抱き合い、酒を酌み交わす姿も見られた。貧富の差が広がるなかで、薄れていた万人平等の共産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報