2018年8月17日(金)

個人に寄り添いデータ収集 ソニー「アイボ」の狙い

コラム(テクノロジー)
AI
(1/2ページ)
2018/2/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ソニーが人工知能(AI)やロボットの技術を応用した製品を立て続けに発表した。犬型ロボット「aibo(アイボ)」を旗頭に、AIスピーカーと似て非なる「Xperia Hello!(エクスペリア ハロー)」や、新設の関連会社が手掛けるAI開発環境「GHELIA Studio(ギリア スタジオ)」などだ。いずれも個人に寄り添い、他では得難いデータを集めて事業に生かす狙いがうかがえる。

■犬をまねただけの

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報