2018年9月18日(火)

米大統領「強いドル見たい」 財務長官発言打ち消す

2018/1/26 7:47
保存
共有
印刷
その他

 【ダボス(スイス東部)=河浪武史】トランプ米大統領は25日、米テレビCNBCのインタビューで為替相場に触れ「ドルは強く強くなるだろう。私は強いドルが見たい」と述べた。前日にムニューシン米財務長官が輸出を後押しするためドル安容認の発言を繰り出し、外国為替相場ではドル売りがかさんでいた。トランプ氏は財務長官の発言を打ち消して早々に沈静化を図った。

 基軸通貨ドルを抱える米国の大統領が為替相場に触れるのは異例。トランプ氏はかつて「ドルが強すぎて米企業は競争できない」と正反対の発言で市場をけん制したこともある。今回は「米国は経済的にもほかの側面でも再び強くなる」と話し、経済の安定が通貨高を呼び込むとの見方を披露した。

 ムニューシン氏の発言には欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が不快感を示すなど、各国に波紋を広げていた。ただ、為替政策を管理する財務長官と米大統領が異なる見解を示せば、市場は先行きのドル相場を見通しにくくなる。トランプ政権の為替政策がどこまで一本化されるか、見極めが必要になりそうだ。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報