2019年7月19日(金)

火力発電、リストラの波 三菱日立は独で人員3割減
再生エネ台頭映す

2018/1/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

火力発電の世界的な需要減退を受け、重電大手が事業を見直す。米ゼネラル・エレクトリック(GE)と独シーメンスに続き、三菱日立パワーシステムズも従業員を減らす。ドイツの拠点で全体の3割にあたる約300人の削減に着手した。背景には再生可能エネルギーの台頭があり、金融機関が化石燃料関連投資から資金を引き揚げる動きも出ている。

温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が2016年11月に発効したのを受け、先進国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。