2018年4月19日(木)

築地再開発会議「駅の設置検討を」「国際仲裁の拠点を」

東京
2018/1/25 22:00
保存
共有
印刷
その他

 東京都は25日、築地市場が豊洲市場へ移転した跡地の活用策を議論する「築地再開発検討会議」の第3回会合を開いた。築地を通る地下鉄構想を念頭に駅の設置を検討すべきだとの指摘や、ビジネス分野の国際紛争を民間の仲裁人が裁定する「国際仲裁」の施設設置を提案する意見などが挙がった。

5月をメドに議論をとりまとめる(25日、東京都庁)

 会合では委員が個別に意見を発表。日本大学の岸井隆幸教授(都市計画)はつくばエクスプレスを延伸して直通運転する地下鉄構想を踏まえ「築地の中にどのように駅を造るか真剣に考える必要がある」と指摘。「舟運と陸上交通の結節点になるという意味で大変貴重な場所だ」と述べた。

 弁護士の小池達子氏は国際仲裁を扱う専用施設の築地への設置を提案。「日本は国際仲裁のインフラが整っていないとみなされている」と指摘し「仲裁地が東京にあれば経済的な効果にもつながる」と訴えた。

 一部で望まれる築地市場のアーチ形の建物の保存に触れる場面もあった。再生建築が専門の青木茂氏は、築地跡地に幹線道路の環状2号線や東京五輪の輸送拠点が建設されることを念頭に「当初は全て保存できないかと考えたが、ほとんど不可能に近いだろう」と指摘した。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報