ホテルや旅館、1室でも開業 規制撤廃で古民家活用

2018/1/25 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は、ホテルや旅館の客室数規制を撤廃する。ホテルは10室以上、旅館は5室以上の客室が必要だったが、1月末から1室しかなくても営業できるようにする。客室の最低床面積の規制も緩め、古民家の改修などを促す。住宅に旅行者を有料で泊める民泊の解禁とあわせ経営側の選択肢を増やし、訪日観光客取り込みにつなげる。

2017年の訪日客は2800万人を超え、政府は20年に4千万人に引き上げる目標を掲げている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]