2018年7月17日(火)

富士通、携帯事業をファンドに売却 400億円超

2018/1/26 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 携帯電話事業の売却を検討していた富士通は国内投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ(東京・千代田)に携帯電話子会社の株式を譲渡することで大筋合意した。売却額は400億~500億円になるもよう。月末にも譲渡契約を正式に締結する見通しだ。競争が激化する携帯電話事業を切り離し、主力のIT(情報技術)サービスに経営資源を集中する。

 携帯電話子会社である富士通コネクテッドテクノロジーズの株式の過半を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報