/

ミラノで列車脱線 3人死亡、100人負傷

(更新)

【ローマ=共同】イタリア北部ミラノ近郊で25日午前7時(日本時間同午後3時)ごろ、列車が脱線する事故があり、3人が死亡した。重傷者約10人を含む約100人が負傷した。列車はミラノに向かう通勤客らで混み合っていたという。地元メディアが報じた。

ANSA通信は乗客の話として、列車が突然揺れだした直後にごう音が聞こえ、脱線したと伝えた。現場には列車の進行方向を切り替えるポイントがあるといい、地元当局が事故原因を調べている。ミラノの日本総領事館によると、これまで日本人が巻き込まれたとの情報はない。

国営イタリア放送協会(RAI)は車両が斜めに傾き、大きくひしゃげた様子を伝えた。乗客は一時、中に閉じ込められたが救出された。

列車は午前5時半ごろ北部クレモナを出発し、約80キロ離れたミラノに同7時半ごろ到着予定だった。

地元メディアは当初、死者を4人と報じたが修正した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン