2018年11月22日(木)

医薬調査のバリノス、子宮の細菌検査 不妊治療に活用

2018/1/29 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産婦人科向けの臨床検査受託会社バリノス(東京・品川、桜庭喜行社長)は2018年度内にも子宮内の善玉菌を調べるサービスを広げる。善玉菌が極端に少ないと不妊の要因になる。事前に状態を知り抗生物質などを投与すれば、不妊治療に役立つ可能性がある。分析工程を自動化して取扱量を8倍に増やし提供病院数を2倍強の60に増やす。

17年7月から検査サービスを始めた。価格は1回4万円前後。善玉菌の一種、ラクトバチル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報