2018年9月21日(金)

「DとR」が示す世界の転機 本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
Deep Insight
本社コメンテーター
2018/1/26 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 トランプ米大統領が26日、予定通り世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説すれば、「米国第一主義」を強調するのだろう。今週も太陽光パネルを対象にセーフガード(緊急輸入制限)を発動、中国企業から国内産業を守る姿勢を鮮明にしたばかりだ。

 いらつく米国を見る度に、思い浮かぶグラフがある。「新興アジア」、つまりアジア全体から日本、シンガポール、香港、台湾、韓国などの先進国・地域を除いたアジアの国内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報