/

この記事は会員限定です

病児保育受け入れ150万人に、学童も拡大 共働き支援

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]

厚生労働省は共働き世帯やひとり親世帯の子どもの受け皿を拡大する。保育所では急な発熱などへの対応を広げ、現在の2.5倍の年150万人まで受け入れるようにする。小学校では放課後に預かる学童保育の定員を増やす。親が仕事から急に帰宅したり休んだりする事態を防ぎ、仕事と子育ての両立支援を手厚くする。

保育所や医療機関には、子どもが病気になると専用スペースや医務室で一時的に預かる「病児保育」という制度がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン