/

アフリカ外で最古 現生人類の化石発見

アフリカ以外では最古となる現生人類の化石をイスラエルの洞窟で発見したと、同国テルアビブ大などのチームが26日付の米科学誌サイエンスに発表した。19万4千~17万7千年前のものとみられ、アフリカを除いた「最古」が5万年以上さかのぼることになる。

イスラエルの洞窟で見つかった現生人類とみられる上顎と歯の化石=研究チーム提供・共同

アフリカのエチオピアでは最古の現生人類とみられる約20万年前の化石が見つかっており、今回の発見は人類の進化や移動の謎を解き明かす手掛かりになりそうだ。

チームは、イスラエルのミスリヤ洞窟で見つかった成人の上顎周辺や歯列の一部、近くにあった火打ち石などの年代を複数の手法で推定。歯茎から出ている「歯冠」が高く、幅が狭い点などが古い人類にはみられない現生人類の特徴だと判断した。アフリカ最古の現生人類とともに見つかったものと似た石器も発見したという。

ただ、諏訪元・東京大教授(古人類学)は「現生人類だと言えるだけの特徴を持っていたかは分からない。(上顎だけでなく)頭骨全体が見つかるのを待ちたい」と慎重な見方を示している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン