/

この記事は会員限定です

遺伝子解析装置、米国の牙城に挑む阪大発ベンチャー

科学記者の目 編集委員 永田好生

[有料会員限定]

生物の設計図に例えられる遺伝子の塩基配列を高速に解析するシーケンサーの市場で、君臨する米イルミナに対抗する動きが出てきた。中国企業が競合製品を販売し、大阪大学の研究成果をもとに起業した日本のベンチャー企業も2020年ごろの商品化を目指している。日本はこの分野で完敗した苦い経験がある。これからの生命科学や医療分野に大きな影響力がある技術だけに、日本の行政や産業界も動向をつかんでおく必要がある。

世界市場、米イルミナが1社でほぼ独占

2003年にヒトゲノム(人間の全遺伝情報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン