2018年12月11日(火)

遺伝子解析装置、米国の牙城に挑む阪大発ベンチャー
科学記者の目 編集委員 永田好生

コラム(テクノロジー)
(1/2ページ)
2018/1/28 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生物の設計図に例えられる遺伝子の塩基配列を高速に解析するシーケンサーの市場で、君臨する米イルミナに対抗する動きが出てきた。中国企業が競合製品を販売し、大阪大学の研究成果をもとに起業した日本のベンチャー企業も2020年ごろの商品化を目指している。日本はこの分野で完敗した苦い経験がある。これからの生命科学や医療分野に大きな影響力がある技術だけに、日本の行政や産業界も動向をつかんでおく必要がある。

■世

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

標的は遺伝子 がん治療「神の領域」に[有料会員限定]

2017/12/7 2:30

ゲノム医療、科学者が支える[有料会員限定]

2017/6/21付

ヒト受精卵の遺伝子変え、生まれる前に難病治療[有料会員限定]

2017/2/20 6:30

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報