/

ムニューシン・ショック、ドル安時代到来か

「ドル安は貿易・(ビジネス)機会の面で良いことだ」とムニューシン財務長官は発言した。「長期的には強いドルは米国経済力を映す。ドルは主たる準備通貨である」と両論併記したものの、ドル安傾向に敏感になっている市場は、ドル安容認発言と解釈した。

ドルインデックスもついに90の大台を割り込んだ。80台となると、歴史的にドル安時代のレンジを想起させる。90台であれば、「ドルがいつ底打ちか」が語られるのだが、80台となると「ドルがいよいよ長期的下落トレンドに入ったのか」が論じられるようになる。

ムニューシン発言は明らかに市場のセンチメントを変えた。ドルの代替通貨とされる金の価格が、レンジを上放れ、北朝鮮有事の金買いのピークに匹敵する高値1360ドル台まで急騰したことが象徴的だ。金買いという投資行動はドルに対する不信任投票に等しい。

さらにたたみかけるように、ロス商務長官も「貿易戦争は毎日戦われている。これまでも貿易戦争は常にあったが、今回の特徴は米軍が防衛に来ることだ」と語った。市場は「宣戦布告のごとき発言」と受け止める。

トランプ大統領が太陽光パネルと電気洗濯機に対してセーフガード(緊急輸入制限)を発動し、関税の大幅引き上げを決めた直後の発言ゆえ、市場へのインパクトも増幅される。

トランプ大統領は「選挙公約」を実現して中間選挙で支持派投票を固める姿勢を強めている。「通貨安競争」と「貿易戦争」も辞さずとの構えのようだ。

今回のトランプ政権幹部らのダボス発言は、もっぱら中国を意識したものだが、日本が巻き込まれるリスクは無視できない。円相場が109円台に突入した直後の発言ゆえ、今後のトランプ政権幹部の言動次第で、円高がさらに進行するシナリオにも現実味が増す。

くしくも、米国議会ではパウエル氏が新米連邦準備理事会(FRB)議長に承認された。「低金利人間」を自称するトランプ大統領により指名されたので、政治的介入により利上げペースが遅れる、というようなケースもリスクシナリオとして市場は意識せねばならない。「トランプ大統領ならやりかねない」との懸念が払拭できない。これもドル安要因だ。

そして通貨安競争ともなれば、中国人民銀行の人民元安誘導のリスクからも目が離せない。「米中通貨戦争」になれば中国側の「武器」は、大量保有する米国債である。既に「中国、米国債売却」の報道が流れ、中国側が否定という一幕もあった。昨晩の米債券市場では米国債がやや売られている。

なお、本日は欧州中央銀行(ECB)理事会が開催され、あすはダボスでトランプ演説が予定されている。

ドル安要因、円高要因、ユーロ高要因が複合的に絡み、現在のドル安トレンドが形成されているので、まだまだ今週は波乱が続きそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸's OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)
  • 日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン