/

この記事は会員限定です

運転から解放される日 考えるクルマ、街へ空へ

ポスト平成の未来学 第3部 SFを現実に

[有料会員限定]

1月下旬の米ラスベガス。僕(36)はレストラン街でバスを待っていた。しばらくすると、鮮やかな青色ボディーの8人乗り小型バスがバス停に到着した。乗り込むとバスには運転手はいない。ドアが閉まり、ウィーンという電気自動車(EV)ならではのモーター音をたててバスは静かに動き出した。

このEVバスは仏部品大手のヴァレオなどが出資する仏ベンチャー、ナビア製のものだ。公道を一般車と一緒に走る実証実験をしている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2685文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン