/

この記事は会員限定です

スマホ医療相談、訪日客向けに 相模原の不動産会社

[有料会員限定]

不動産会社のサーティーフォー(相模原市)は訪日外国人向けにスマートフォン(スマホ)で医療相談を受けるサービスを始める。医師30人体制で6月をめどに開始する予定で、市販のどの種類の薬を飲んだらいいかといった助言のほか、病院の紹介もする。訪日客が増えるなか、新たなビジネスになると判断した。

新サービス「ユアドク」はアプリ形式のサービス。日本語のほか英語、中国語、マレー語を中心に順次対応言語数を増やす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン