/

この記事は会員限定です

LIXIL、インドでトイレ設備の現地生産

現地の製造会社を買収、設備増強と合わせて約70億円を投資

[有料会員限定]

LIXILグループはインドの衛生陶器メーカーを買収した。自社グループブランドの製品の現地生産を始めるとともに、増産投資も進め、年200万台のトイレ設備を生産する。投資額は総額約6500万ドル(約72億円)の見通し。拡大が見込まれるインドのトイレ設備の需要を取り込む。

24日付で南東部のアンドラ・プラデシュ州に衛生陶器の製造拠点を持つセンティニ・サニタリーウェアズの株式の過半を創業家から取得した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン