/

この記事は会員限定です

地銀、本業以外を拡充 リースや証券、信託も

[有料会員限定]

低金利など銀行経営に厳しい環境が続く中、地方銀行が本業以外の事業を広げている。リースや証券会社を連結子会社にしたり、相続ビジネスの強化へ信託業の免許をとったりしている。グループ全体で提供できるサービスを増やし、将来の収益を下支えする狙いだ。ただ、人口減など地方経済の先行きは楽観できないうえ、新分野の競争は激しい。サービス多様化の成否はまだみえない。

「株を買い戻したい」。ある大手リース会社には、複...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン