/

この記事は会員限定です

パナ、インドで住宅部材を2倍に 水回り製品参入

[有料会員限定]

パナソニックがインドで住宅部材販売を拡大する。2018年度にシステムキッチンなど水回り製品に参入し、モデルハウスでの展示を増やして住宅メーカーや工事業者に売り込む。照明や太陽光発電装置なども現地仕様の製品を増やして顧客開拓を進める。20年度の売上高を16年度比2倍超の850億円に伸ばす。

インドはパナソニックが戦略地域に定めており、現地法人による製品開発を増やしている。住宅部材事業は07年に買収したアンカーを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り408文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン