/

立憲民主、支持層開拓へ新制度 「パートナーズ」の意見、政策に反映

立憲民主党は24日の全議員会議で新たな支持体系として「立憲パートナーズ」制度を立ち上げることを了承した。正式名称は「立憲パートナーシップ・メンバー」で、3月をめどに大枠を固め、インターネット上などで募集を始める。

パートナーズの年会費は500円。立憲民主は党員を国会議員と地方議員に限定し、パートナーズとの違いも明確にする。パートナーズは民進党時代の準党員制度「サポーター」を参考にした。ネット上で誰もが申し込めるものの、党大会での議決権はない。パートナーズの意見は党の政策に反映する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン