2019年8月20日(火)

クローンサル2匹誕生 中国チーム、倫理問題も

2018/1/25 2:00
保存
共有
印刷
その他

もとの個体と全く同じ遺伝子を持つ「クローン」のカニクイザルを2匹誕生させたと、中国科学院のチームが24日付の米科学誌セル電子版に発表した。1997年に英国で報告されたクローン羊「ドリー」と同じ手法を使ったサルで初めての例としている。

体細胞クローンの手法で初めて生まれた2匹のカニクイザル=中国科学院提供・共同

チームは「サルを使って人の薬の効果を確かめる実験に役立つ」と意義を強調する。ただ人と同じ霊長類のクローンづくりには倫理的な問題点があり、今後議論を呼ぶ可能性がある。

使ったのは「体細胞クローン」と呼ばれる手法。分化した体細胞から染色体を含む細胞核を取り出し、核を除いた卵子に注入して新たな個体をつくる。ドリーの誕生以来、マウスや牛、豚などでクローンがつくられ、畜産業や医学研究に用いられている。ただ体細胞クローンはさまざまな異常が起きて出生率が低く、サルの成功例はなかった。

チームはカニクイザルの胎児の細胞核を卵子に注入。成長を促す遺伝子も加え、雌のサル21匹の子宮に79個を移植。6匹が妊娠し2匹が生まれた。

2匹は通常のサルと同じように成長し、それぞれ50日と40日後も生存している。成長したサルの細胞核でも試し、2匹が生まれたが、3~30時間後に死んだ。

チームが所属する中国科学院神経科学研究所の蒲慕明所長は24日、記者会見し「(研究の)目的はクローン人間をつくることではなく、人類の健康、医療に貢献することだ」と強調。「(倫理の問題は)科学者が解決するものではない。社会全体で正しい選択を探らなければならない」と述べた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。