2019年4月19日(金)

御手洗会長「経営の理想像、まだ遠い」
キヤノンは再び輝けるか(下)

(1/3ページ)
2018/1/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キヤノンを世界屈指の高収益企業に育てた御手洗冨士夫会長兼最高経営責任者(CEO)は社長就任から23年を迎え、今後も長くトップとして自ら成長戦略を進めていく考えだ。キヤノンのあるべき理想像を聞いた。

――成長を担う新規4事業がそろった。今後、どう経営していくのか。

「私には憧れとしている理想像がある。1966年から23年間、米国に駐在した。当初、米国企業の財務状況の良さに驚いた。現地法人社長として…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報