/

小関選手が公に謝罪 後輩への暴力問題で

暴力問題発生後、初めて公の場で報道陣の取材に応じ、頭を下げる競泳の小関也朱篤選手=右端(24日午後、大阪府八尾市)=共同

昨年の日本代表合宿で後輩選手に暴力を振るった競泳男子の小関也朱篤選手(25)が24日、所属先のミキハウス本社(大阪府八尾市)を訪れ、木村皓一社長らに謝罪した。問題発生後、初めて公の場で報道陣の取材に応じて説明し「本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。また声援を頂けるような選手に戻れるよう、精いっぱい頑張りたい」と頭を下げた。

問題は昨年11~12月にスペインで行われた合宿中に起きた。同じ所属でともに炊事当番だった天井翼選手(23)が、自分より後に現れたことに「てっきり当番を忘れていたと思い、そこに怒りを覚えた」と、腹部と顎付近を1度ずつ殴ったという。もともと、集合時間を決めておらず「後輩への指導として、感情的になってしまった。コミュニケーションが不足していた」と反省した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン