2018年11月15日(木)

米キンバリー・クラーク、5500人削減 10工場閉鎖・売却

2018/1/24 4:50
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米日用品大手のキンバリー・クラークは23日、従業員の12~13%にあたる5500人の削減計画を発表した。対象となる地域は特定せず「グローバルなリストラ計画」と説明した。併せて10カ所の工場を閉鎖または売却する。2022年までに最大5億5000万ドル(約600億円)のコスト削減につなげる。

日用品販売が全般に軟調なうえ、主力のティッシュペーパー、紙おむつの価格競争が激しくなっており、業績の重荷となっている。23日のリストラ策発表に先立つ現行の事業再編計画では21年までに不採算事業の売却などで15億ドルのコスト削減を目指していた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報