/

仮想通貨「悪用防止へルール必要」欧州副委員長

【ロンドン=篠崎健太】欧州連合(EU)のドムブロフスキス欧州副委員長(金融安定・金融サービス担当)は23日、EU財務相理事会後の記者会見で、仮想通貨について「不法行為の手段にさせないように用心が必要だ」と述べた。マネーロンダリング(資金洗浄)などへの悪用防止や投資家保護に向けて、欧州としてルール作りを進める必要があるとの認識を示した。

ドムブロフスキス氏は「欧州はブロックチェーンの活用機会を受け入れてほしい」と、仮想通貨を支える分散型台帳技術への期待を語った。一方、犯罪やテロなどへの悪用を防ぐことが必要だと強調。各国当局が仮想通貨の匿名性に対処し、監視するための枠組みが必要だと述べた。

ビットコインなどの仮想通貨をめぐる規制強化の動きは、欧州でも広がってきた。ドイツとフランスは、3月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に規制案を出す方向だ。EUの欧州委員会は、今春をめどに「フィンテック・アクション・プラン」を公表予定。仮想通貨に対する立場も示すとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン