過去の選挙、知事選や国政に影響も

2018/1/23 23:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名護市長選は過去20年、1996年に日米が返還合意した米軍普天間基地の代替施設の受け入れが大きな争点になってきた。過去5回の市長選では最初の3回は賛成派が勝利し、直近2回は反対派の現在の稲嶺進市長が勝利。今回は名護市沿岸で代替施設の工事が本格化して初の選挙だが、構図はほぼ同じだ。

いずれも同じ年の県知事選と連動し、最初の98年選挙では賛成派の岸本建男氏が市長選で勝利すると、知事選でも条件付きで県…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]