/

この記事は会員限定です

過去の選挙、知事選や国政に影響も

[有料会員限定]

名護市長選は過去20年、1996年に日米が返還合意した米軍普天間基地の代替施設の受け入れが大きな争点になってきた。過去5回の市長選では最初の3回は賛成派が勝利し、直近2回は反対派の現在の稲嶺進市長が勝利。今回は名護市沿岸で代替施設の工事が本格化して初の選挙だが、構図はほぼ同じだ。

いずれも同じ年の県知事選と連動し、最初の98年選挙では賛成派の岸本建男氏が市長選で勝利すると、知事選でも条件付きで県内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン