/

この記事は会員限定です

働き方改革で残業代減少、還元も焦点、労使会談

[有料会員限定]

経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長は23日、春季労使交渉をめぐり都内で会談した。連合はベースアップ(ベア)と定期昇給を合わせた月例賃金で4%の引き上げを要求。経団連はボーナスを含む「年収ベース」も選択肢に3%の賃上げを掲げる。働き方改革で生産性が上がり、残業代が減った分をどう分配するかも焦点となる。

政府は悲願のデフレ脱却へ賃上げを重視しており、経済界に3%の賃上げを求めている。榊原氏は冒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン