/

この記事は会員限定です

東大エッジキャピタルが250億円ファンド 自動運転やAIに投資

[有料会員限定]

ベンチャーキャピタル(VC)の東京大学エッジキャピタル(UTEC、東京・文京)は大学発のスタートアップ企業に投資する国内最大規模のファンドを設立した。4月までに250億円規模に拡充する予定。国内の金融機関から既に156億円を集めた。海外からも出資を募り、主に東大の研究成果や技術を活用する企業に投資する。

新ファンドでは、自動運転や人工知能(AI)、ヘルスケアなどの分野で優れた技術を持ち、世界展開を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン