/

この記事は会員限定です

サントリー 5年で1000億円米国に投資 ウイスキー生産増強

[有料会員限定]

【ダボス(スイス東部)=細川倫太郎】サントリーホールディングス(HD)の新浪剛史社長は23日、米国でのバーボンウイスキーの生産増強に向け、2018年から5年間に計1千億円を投じる計画を明らかにした。買収した米蒸留酒大手ビームサントリーの蒸留所などの設備を拡充する。トランプ政権が決めた大型減税も投資決定の一因になったという。

スイスのダボスで開幕した世界経済フォーラム(WEF)の年次総会の会場で、日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン