競技ワンポイント解説

フォローする

スノボ・スキークロス、雪上の格闘技

2018/2/10 18:25
保存
共有
印刷
その他

スノーボードクロスとスキークロスは複数の選手が同時にスタートし、コブやジャンプ台、カーブなどがある同じコースを滑って着順を競う。雪上の格闘技ともいわれる。体の接触が多く、転倒がつきもの。スキークロスのワールドカップでは死者が出たこともある。滑りの技術だけでなく、ライン取りなどレース中の駆け引きも勝敗の鍵を握る重要なポイントになる。スノーボードクロスは2006年トリノ五輪、スキークロスは10年バンクーバー五輪から採用された。〔共同〕

競技ワンポイント解説をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

平昌へ メダルへの道(雪上編)

平昌へ メダルへの道(氷上編)

電子版トップスポーツトップ

競技ワンポイント解説 一覧

フォローする
パラスノーボード 小栗大地

 スノーボードは前回ソチ大会ではアルペンスキーの一部として行われ、平昌大会から独立した競技として採用された。下半身に障害がある大腿障害と下肢障害、上肢障害の3クラスがあり、1対1の対戦形式で争うスノー …続き (2018/3/6)

激しい身体接触があることから「氷上の格闘技」と呼ばれる

 パラアイスホッケーは脚に障害のある選手がスケートの刃が付いた「スレッジ」と呼ばれる専用のそりに乗ってプレーする。金属製の爪が付いたスティックを両手に持ち、氷をかいて動き回る。選手はGKを含めて6人で …続き (2018/3/5)

平昌パラリンピックの距離とバイアスロンの代表選手ら=共同共同

 バイアスロンはスキー距離と射撃を組み合わせた競技。速く滑るだけでなく、呼吸が乱れた中でいかに正確な射撃ができるかが勝負の鍵を握る。カテゴリーは立位、座位、視覚障害に分かれ、それぞれ距離が違う3種目を …続き (2018/3/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]