/

石田18位、吉田は21位 スキーW杯距離

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は17日、イタリアのトブラッハでクラシカルが行われ、前日の成績に基づいて時間差をつけてスタートした女子(10キロ)で石田正子(JR北海道)は18位となった。小林由貴(岐阜日野自動車)は49位、滝沢こずえ(早大)は67位、児玉美希(日大)は71位。マリット・ビョルゲン(ノルウェー)が優勝した。

男子(15キロ)の日本勢は吉田圭伸(自衛隊)の21位が最高だった。レンティング陽(アキラ)は43位、宮沢大志(ジェイアール東日本スポーツ)は58位、馬場直人(専大)は61位、宇田彬人(早大)は74位、柏原暢仁(自衛隊)は75位。ヨハンネスヘスフロト・クレボ(ノルウェー)が勝った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン