2018年8月21日(火)

安保理、シリア問題で緊急会合 トルコの越境作戦は非難見送り

2018/1/23 8:16
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=高橋里奈】国連安全保障理事会は22日、シリアの人権状況を巡り緊急会合を開いた。トルコがシリアのクルド人勢力への軍事作戦を始めたことを受け、フランスが開催を求めた。理事国からはトルコに軍事作戦の自制を求める声があがったが、非難声明の発表などには至らなかった。

22日、安保理会合後に記者会見する議長国カザフスタンのウマロフ国連大使(ニューヨークの国連本部)

 1月の議長国であるカザフスタンのウマロフ国連大使は会合後、国連からシリアの人権状況について報告を受けたと記者団に明かした。だがトルコの軍事作戦については「コメントしない」と言及を避けた。

 過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦では、シリアのクルド人勢力は米国と連携してきた。だが、自国内でクルド人の独立問題を抱えるトルコは同勢力を「テロ組織」と見なして攻撃に踏み切った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報