/

この記事は会員限定です

クライミングに挑む グリーンテクノ21、東京五輪にらみ

卵殻再利用、滑り止め用粉末 (個性派企業ファイル)

[有料会員限定]

卵殻の再利用を進めるグリーンテクノ21(佐賀市)が新事業に挑戦する。卵の殻を砕いた粉末を活用する同社は、野球投手が使うロジンバッグの大手。野球の次に狙うのが、2020年東京五輪の追加種目になり競技人口増加が見込めるスポーツクライミング。壁をよじ登る際の滑り止め用粉末を開発、今月中旬に販売を始めた。

「大企業が手を出さないような分野で、スポーツブランドを立ち上げたかった」。下浩史社長は話す。1年以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン