/

パナソニック跡地、大和ハウスが落札 宇都宮市

大和ハウス工業宇都宮支社(宇都宮市)は、同市平出工業団地内にあるパナソニック工場跡地を落札した。土地の面積は8.7ヘクタールで、落札額は31億5000万円。用途は製造業か物流関連産業、特定サービス業または研究所と指定された産業用地で、大和ハウスは顧客のニーズに合わせて貸借や分譲を行うという。

落札した土地は2001年の工場閉鎖後は利用されていなかったが、16年に宇都宮市土地開発公社が先行取得し、17年9月からは市有地となっていた。国道4号などの幹線道路に近いことなどから企業ニーズが高まっていた。

市は大和ハウスと1月下旬に土地売買の仮契約を締結し、3月議会で市有地の財産処分に関する議案を提出する予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン