2019年8月18日(日)

神奈川県、関東学院大と包括協定 知事も講師に

2018/1/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は22日、関東学院大学(横浜市)と地域の課題解決などを目的にした包括連携協定を結んだ。2018年度から県広域の課題について学ぶ科目を開設。18年度の後期課程をめどに、同大法学部で黒岩祐治知事や県職員らを招いた講義も行う。看護学部の学生を対象に、最先端医療の理解を深める講座も開く予定だ。

県が大学と包括連携協定を結ぶのは横浜市立大学や東海大学などに続き4例目。関東学院大は小田原市や逗子市などと包括連携協定を結んでいる。

黒岩知事は同日の協定締結式で「その時々の最大のテーマについて議論し、学生から解決策を提示してもらうなど緊張感のある内容にしたい」と述べた。

県が提唱する「人生100歳時代」についても学生自身の課題として考えられるように、学外のフィールドワークなどを交えた講座を設ける予定。同大の規矩大義学長は「学生は座学以外にも研究のフィールドを求めている。地域ぐるみで学生を育てることにつながってほしい」と期待感を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。