行田市、あいおいニッセイと協定 観光などで協力

2018/1/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県行田市は23日、あいおいニッセイ同和損害保険と地域振興に関する包括連携協定を結ぶ。同社の知見や代理店ネットワークを生かし、交通安全や防犯、災害対策のほか、同市の地域資源である足袋蔵を生かした観光振興や訪日外国人(インバウンド)対応などで協力する。

協定は災害対策や企業支援、観光振興など計8項目で連携するのが主な内容。具体的には、まず市立保育園の園児らを対象とした交通安全の啓発事業を予定する。

同市は2017年に足袋蔵などが日本遺産に認定されたほか、同市が舞台のテレビドラマ「陸王」のヒットなどで外国人を含む観光客が増えている。協定の締結により、外国人の接客や商店の販売増に役立つセミナーの開催なども検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]