長野の川越印刷、印刷物とスマホ連動広告 AR活用

2018/1/22 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

川越印刷(松本市)は「拡張現実(AR)」と呼ばれる技術を使った広告制作を始めた。スマートフォン(スマホ)を紙の印刷物にかざすと動画広告が表示される仕組みで、製品やサービスのイメージを具体的に伝えることができる。商業印刷の需要が低迷する中、IT(情報技術)と連動させた事業の開始で差別化を図り顧客を集める。

新しい広告事業では冊子などに掲載する写真に動画再生マークを印刷する。読者はスマホに無料のAR…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]