/

この記事は会員限定です

同一賃金・残業規制「前倒し対応を」労使交渉で経団連

[有料会員限定]

22日に始まった春季労使交渉では、賃金水準に並んで働き方改革の推進が焦点になる。経団連は正規と非正規社員の待遇格差を縮める「同一労働同一賃金」や残業時間の上限制に関し、関連法案の施行前でも前倒しで対応するよう呼びかけた。賃金体系や働き方の大きな見直しにつながる可能性があり、各社の労使で具体的な中身を詰める。

政府は同一賃金などを盛り込んだ「働き方改革関連法案」を今国会に提出し、2019年4月にも施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン