介護職員の行政報告電子化 生産性改善へIT活用

2018/1/22 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省が介護事業の生産性改善に向けた取り組みを進める。2018年度から現場スタッフによる行政への報告を電子化し、介護現場で作成する文書量の半減をめざす。事務作業を効率化することで利用者へのサービスに回す時間を増やせるようにする。介護事業にIT(情報技術)を幅広く活用し、製造業などに比べて低い労働生産性の底上げにつなげる。

政府は昨年末にまとめた生産性革命の方策で、介護現場の生産性向上を柱の一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]