ラオックス、中国親会社の決済サービスを初導入

2018/1/22 18:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

免税店大手のラオックスは2月中にも中国の電子決済サービス「SUNING PAY」を15店舗に導入する。SUNING PAYはラオックスの親会社で中国小売り大手の蘇寧雲商集団の決済サービスで、2017年の決済金額は10兆円を超えるという。日本での導入は初めて。決済サービスの対応拡大で訪日外国人の利用促進を狙う。

このほどラオックス新宿本店(東京・新宿)に導入した。2月中にも秋葉原本店…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]