/

この記事は会員限定です

タイのサイアム商銀、3年で支店数3分の1に

従業員は半減、デジタル化で

[有料会員限定]

【バンコク=小野由香子】タイ商業銀行3位のサイアム商業銀行は22日、今後3年間で支店数を3分の1に減らすと発表した。従業員数も約半分に減らす計画で、モバイルバンキングへの移行や窓口業務のデジタル化などを進める。タイは東南アジアでもいち早く高齢化問題に直面しており、人手に頼ってきた銀行業務の効率化が業界全体の課題となっている。

従来型の銀行支店を1153店から400店に減らす。同日、首都バンコクで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン