/

この記事は会員限定です

大雪でスコップなど販売好調 コンビニは配送で備え

[有料会員限定]

大雪への警戒感が高まるなか、首都圏の小売店が対応を急いでいる。

除雪グッズの販売が急伸しているのはホームセンターだ。DCMホールディングス傘下のDCMホーマック(札幌市)が運営する東京都内の店舗では20~21日の2日間、スコップや融雪剤といった除雪関連商品の売り上げ個数が1週間前の13~14日の56倍に達した。カインズでは「灯油もよく売れている」という。

家電量販店のビックカメラは21日から降雪が予想される地域にある店舗で「雪対策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン