2019年8月24日(土)

「ボンカレー」50周年、大塚食品 エースコックとコラボ

2018/1/22 14:25
保存
共有
印刷
その他

大塚食品は22日、世界初の市販用レトルトカレー「ボンカレー」の発売50周年の記念商品「ボンカレー50」を3月5日に発売すると発表した。同様に30周年を迎えるエースコックのカップ麺「スーパーカップ」とのコラボ商品も売り出した。2018年中には鉄道や製パンなど様々な企業と連携した販促や新商品を打ち出していく。

「ボンカレー」50周年の記念商品を発表する大塚食品の戸部貞信社長(左)とエースコックの村岡寛社長(右)(22日、都内)

「今後の50年は100年ブランドへの第2ステージになる」。大塚食品の戸部貞信社長は都内で開いた記者会見で意欲を見せた。ボンカレー50は初代ボンカレーの特徴である小麦粉の香ばしさを生かしながら、牛肉を2倍に増やした。国産野菜の採用や電子レンジ調理対応など、ボンカレーの50年の進化を詰め込んだという。

エースコックと共同開発したカップ麺「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド」はカレーうどんとカレーラーメンを22日に発売した。ボンカレーゴールドのいためたタマネギの甘みをきかせた。

エースコックの村岡寛社長は「スーパーカップは業界初の大盛りカップ麺で、スナック菓子としての即席麺に新しい価値を加えた。歴史を作ってきた両者のコラボだ」と胸を張った。

ボンカレーは大塚ホールディングス前会長の故・大塚明彦氏が米軍の携帯食などを参考に開発、1968年2月に発売した。大塚グループが手がける点滴薬の滅菌技術を応用しており、69年にはアルミ製の袋を採用し、賞味期限を2年間に引き上げた。

女優の松山容子さんを採用したパッケージも人気となり、73年には年間販売1億食を達成、50年間で約30億食を売り上げている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。