実現するか名古屋の「柳橋駅」 構想再燃もハードル高く

2018/1/22 12:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名古屋市営地下鉄東山線の名古屋―伏見駅間に「柳橋駅(仮称)」(中村区)を設置する構想が再燃している。半世紀以上前に需要が見込めないとして設置が見送られた幻の駅。河村たかし市長は周辺の再開発と合わせて観光活性化を狙うが、市交通局は採算面から慎重な姿勢だ。候補地周辺の地権者の合意形成にもメドが立たず、実現へのハードルは多い。

■東山線に設置が浮上

「駅があるかないかは、どえらい違う。商売を盛り上げるこ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]