/

評論家の西部邁さんが死去 多摩川で自殺か

(更新)

保守派の論客として知られた評論家の西部邁(にしべ・すすむ)さんが1月21日、死去した。警視庁によると、東京都大田区の多摩川の流れに入ったところを見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。近くに遺書が残っており、自殺とみて経緯を調べる。78歳だった。

西部邁事務所によると、生前の希望により告別式を開く予定はない。

警視庁田園調布署によると、21日午前6時40分ごろ、西部さんの長男が「父が川に飛び込んだ」と110番した。西部さんは同日未明から行方が分からなくなり、家族が探していた。

北海道出身。東京大在学中、1960年安保闘争に全学連中央執行委員など指導的立場で参加。その後、保守派の論客として幅広く活躍した。

86年に東大教授に就任。当時「ニューアカデミズムの旗手」として知られた人類学者の中沢新一氏を助教授に推した人事が教授会で否決されたことを受け、88年に辞職した。

著書「経済倫理学序説」で吉野作造賞、「生まじめな戯れ」でサントリー学芸賞。2010年には「サンチョ・キホーテの旅」で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン